応急処置
HOME > 応急処置

ケガをしてから、接骨院へかかるまでに是非皆さんにして頂きたい応急処置です。
的確な応急処置が行われると、治るまでの期間の短縮や痛みの緩和が期待できます。 専門家も急性期の対応の基本としている処置で、安静(Rest) 冷却(Ice) 圧迫(Compression) 挙上(Elevation)の4つの方法です。それぞれの頭文字をとって、RICE(ライス)処置と呼ばれています。

患部は包帯や添え木などで固定し、できるだけ安静にして下さい。 ケガをした後、痛みを我慢してスポーツや仕事を続けると必ず悪化します。 ケガの悪化を防ぐために患部を安静にするのは当然ですが、 からだを動かすことによって全身の血の流れが活発になり、 患部のはれや内出血が進みますので、からだ全体の安静を心がけて下さい。

患部をすぐ冷やして下さい。 冷やすことで内出血やはれを抑えます。その結果痛みも少なくなります。
ただし、冷やしすぎは凍傷などの原因となりますので以下のことに注意して行って下さい。

・長時間続けて行わない。
・皮膚に直接氷や氷のうなどを当てない。

タオルや包帯を使って少し強めに患部を押さえて下さい。
内出血やはれを抑えます。
ただし、あくまでも応急処置ですので、 長時間行なわず、できるだけ早く来院して下さい。

できるだけ患部を心臓より高くして下さい。
下げているとはれや内出血が増え、痛みも増します。


来院されたとき、応急処置や自宅治療の誤りで、本来のケガの程度以上に悪化していることがよくあります。
以下のことは絶対しないで下さい。


患部を温めたりマッサージをすること。
ケガをした直後に行なうとはれや痛みが増加するばかりでなく、
ひどい場合は全身に重大な影響を与えます。また、痛みの強い場合は入浴は控えて下さい。
患部を無理に曲げたり動かしたりすること。
捻挫や打撲などは、筋肉などの組織が痛んでいます。
動かすことでよけいに悪化します。とくに突き指で引っぱるケースが多いようですが、
引っぱっても元に戻らないばかりか、むしろ組織の損傷を悪化させます。
お酒を飲むこと。
飲酒により患部の痛みの増加やはれが悪化します。





もしもの時は、できるだけ早くお近くの安心できる接骨院・整骨院へ  


接骨院・整骨院を検索する
よくある質問・お悩み相談
社団法人 兵庫県柔道整復師会
兵庫県柔道整復師協同組合のホームページへ
介護のご紹介
救護活動
応急処置
お問合せ
各種申込書等
入会のご案内はこちらから
Facebookページ
QRコード
兵庫県柔道整復師会