柔道整復師とは
HOME > 柔道整復師とは

柔道整復師とは

「接骨」「ほねつぎ」として一般的に知られ、皆さんのお近くで「接骨院」や「整骨院」を開院しています。
「骨折」「脱臼」「打撲」「捻挫(ねんざ)」「挫傷(肉離れ)」等の外傷によって生ずる損傷や傷害を、手術などの外科的手段や投薬・注射を行わず、手技療法《手当(てあて)そのもの》等を行い、これには保険の取り扱いも認められています。

その他、保険の対象外となる場合もありますが、肩や腰、膝などの痛みに対する施術にも優れており、これらの療法を「柔道整復術」といいます。

安心の国家資格です。

「柔道整復師」は、柔道整復師国家試験に合格した者に対して、厚生労働大臣が与える国家資格です。(「整体院」「カイロプラクティックセンター」等は国家資格が無くても開院することができますが、「接骨院」「整骨院」は国家資格が必要です。)

医療系資格として扱われ、独立開業ができ、地域社会に密着した活動を行っております。

歴史のある伝統医療です。

接骨・整骨の名称は、古くは養老律令(718年)や平安時代の古書にも記載されており、整骨術として門外不出の秘本なども伝えられ、我が国独特のものがありました。
17世紀には中国より拳法と中国整骨術が日本に伝授され、西洋医学に基づく整骨術も加わりそれぞれの流派を歩んでいました。その頃から柔術と整骨が結びつき、「柔道整復術」は日本伝統医療の歴史の中で、現代まで脈々と受け継がれてきました。
平成14年5月には「Judo therapy(柔道療法)」としてWHO(世界保健機構)に世界の伝統医学の一医療機関として正式に認められました。

よくある質問・お悩み相談
社団法人 兵庫県柔道整復師会
兵庫県柔道整復師協同組合のホームページへ
介護のご紹介
救護活動
応急処置
お問合せ
各種申込書等
入会のご案内はこちらから
Facebookページ
QRコード
兵庫県柔道整復師会